医療法人 徳洲会 サービス付き高齢者向け住宅 徳洲苑しろいし

医療法人 徳洲会 サービス付き高齢者向け住宅 徳洲苑しろいしのスタッフブログ

居宅介護支援事業所

コロナに負けない、新しい生活習慣

2020年10月26日|居宅介護支援事業所

こんにちはウッシッシ (顔)

ケアマネジャーの白川です手 (チョキ)

なかなかコロナの収束も見えず、退屈な日々をお過ごしかと思いますあせあせ (飛び散る汗)

ストレス溜まりますよねがく〜 (落胆した顔)

 私も退屈を感じておりまして、なにかないかなと・・・ひらめき

 ということで、先日制作活動に取り組みました美容院 (鋏)

DIYってやつですひらめきひらめき

初体験ぴかぴか (新しい)

 子供のテーブル作りました手 (グー)exclamation

 白川ブログ写真1 (640x480) 白川ブログ写真2 (640x480)

不器用なので正直工作は得意ではありませんが子供のためにと頑張りましたわーい (嬉しい顔)

完成すると達成感でいっぱいになりまして、、、肝心の使う子供より、親が満足感に浸って喜び、妻からツッコまれました(笑)

とまあ、私事でしたが、皆様も新しいことにチャレンジして、生活習慣に取り入れてコロナの退屈な日々を乗り切っていきましょうdouble exclamation

 

                                    ケアマネジャー 白川

こんにちは

2020年10月19日|居宅介護支援事業所

こんにちはぴかぴか (新しい)

ケアマネジャーの三木ですわーい (嬉しい顔)

今回は私の順番が回ってきた事に、ああもう一年も経っていたのかダッシュ (走り出すさま)

と時の流れが歳と共に早くなっていると感じる今日この頃です猫

 

年齢に関してですが、徐々に記憶力に自信が持てなく何でもメモに書いて残すのですが、自分の書いた字が殴り書きで解読するのに時間をかける始末ですあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)

運動をすると良くなるのかと思い、なるべく身体の負担が少なく無理なく続けられる運動として、ウォーキングを週3回ほど1時間位するようになりました走る人

そんなウォーキング(まあ散歩なんですけど。)中に、リスを見かけましたうれしい顔

小さなことですが何となく秋だと感じる出来事でしたもみじ

もし、私のようにウォーキングを始めるのであれば、小さい秋を見つけるのも楽しいかも知れません。(もの忘れ予防にもぜひ。)

 

取りとめの無い話にはなってしまいましたが、コロナの中で出来る事を見つけて、落ち着いた頃にも元気でいられるようになっていると良いですね手 (チョキ)

 

                                            ケアマネジャー 三木

読書の秋

2020年10月12日|居宅介護支援事業所

  高齢者との面談の際に「ながく生きることはつらい」、「どうして長生きして、しまったのだろう」などと話される場面によく遭遇します。

少し前までは「太平洋戦争が終わってから平成にかけて協力はしたことはあるけど実際に国内で戦争が起きなかったので、安心して健康でいられた証拠ではないですか」など騙しだましの返答でなんとなく相手を納得させていたのですが、それも時代が変わり戦後生まれの世代には通用しなくなってきています。

不真面目で本人と面と向かって面談に向き合っていなかった“つけ”が最近来ている感じでした。

 少し話は変わりますが、みすず書房から新版として出ているヴィクトール・E・フランクルという方が書いた『夜と霧』池田香代子 訳)を先日読み終わりました。

インターネットで「おすすめの本」として出ていたので興味本位で注文。

本の裏表紙に作者の顔写真と数行の本文を掲載していましたが、こんな文章が書かれていました。

『わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった『人間』を知った。では、この人間とはなにものか。人間とは何かを常に決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りの言葉を口にする存在でもあった』

この数行の文章の強さや重みを感じながら本書を読み始めました。

 精神医学を学んでいた作者が戦時中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を、精神分析を交えて書かれていたものですが、近いうちにガス室に送られることがわかっている人の行動や、ところどころ目を背けたくなるようなナチス側の人の行動などが書かれており、途中読むのをやめようかと思いう時もありましたが、気になって読み進めるのを繰り返した一冊でした。

 本書の後半に(途中本文を略しています)

「この収容所は1944年のクリスマスと1945年の新年の間の週に、かつてないほど大量の死者を出したのだ。過酷さを増した労働条件からも、悪化した食糧事情からも、季節の変化からも、あるいは新たに広まった伝染病の疾患からも説明がつかない。むしろこの大量死の原因は、多くの被収容者がクリスマスには家に帰れるという、ありきたりの素朴な希望にすがっていたことに求められるというのだ。(略)強制収容所の人間を精神的に奮い立たせるには、まず未来に目的を持たせなければならなかった。(略)生きる目的を見いだせず、生きる内実を失い、生きていても何もならないと考え、自分が存在することの意味をなくすとともに、がんばり抜く意味も失った人は痛ましかぎりだった。(略)彼らが口にするのは決まってこんな言葉だ。「生きていることにもう何にも期待が持てない」

 コロナ禍で生活の様式や習慣、楽しみ、外出が制限された今年と、収容所での極限状態であった人たちを比較や同じように見たりするのは根本的な部分で、大間違いなのは十分承知、また読み方が「浅い」、後半の「生きる事を書いた部分を読み解け」など指摘は多いと思われますが。

普段「なんとなく理解、説得させていた」、「なんとなく本人の意向を聞かずに遮断していた」自分の行動や発言に反省している状況です。

 コロナ禍でも高齢者住宅の制限されている生活の中で少人数が集まって「活路」を見出している方もいれば(さすが!人生の先輩、色々と知恵を絞って行動に移す入居者がここには多いのだと感じています)、「早くお迎えに来て欲しいよ」という方もいます。

後者に対して私自身、スーパーマンでも神様でもないので何かしらの「答え」や「正解」など提案提示することはできませんが、少しの時間同じ方向性で生きる、耳を傾けて一緒に「解決策」を考える事で役に立つ職種でありたいと思っています。

 

                                                              居宅支援事業所 匿名眼鏡

食欲の秋

2020年09月28日|居宅介護支援事業所

こんにちは晴れ

ケアマネージャーの細川ですうれしい顔

もうすぐ早いもので10月になります猫

皆さんはいかがお過ごしでしょうかもみじ

さて、先日は当施設でも敬老祭が開かれ、皆さん楽しまれたようですバースデー

と言えば、読書の秋本、スポーツの秋走る人などいろいろな秋がありますが

私としてはもっぱら食欲の秋になりますおにぎりおにぎりおにぎり

先日はプルーン狩りに行きましたさくらんぼ

いろいろな種類があってどれもおいしかったです目がハート (顔)

(おすすめはサンプルーンという品種)

 

という事でまだまだ新型コロナウイルスが落ち着かないですが、今後も徳洲苑しろいしはコロナゼロのまま入居者様に元気に過ごしていただけるよう頑張っていきますのでよろしくお願いしますdouble exclamation

 

                                   ケアマネージャー 細川

もうすぐ敬老の日

2020年09月21日|居宅介護支援事業所

こんにちは、徳洲苑しろいしケアマネジャーの大木ですわーい (嬉しい顔)

今週より居宅(ケアマネジャー)の番です鉛筆

突然ですが、問題ですひらめき

祝日法改定によって、10月10日の体育の日が10月の第2月曜日にスポーツの日として改定されました走る人

では、9月の第3日曜日は敬老の日ですが、改定前は何月何日だったでしょうか?

答えは、9月15日ですdouble exclamation

この時は老人の日として、9月15日より1週間を老人週間とされていましたウッシッシ (顔)

今年の敬老の日は9月20日ですぴかぴか (新しい)

徳洲苑しろいしでは例年通りとは行きませんが、規模を縮小して敬老会を開催致しますプレゼントハートたち (複数ハート)

大木 写真 大木 写真 (2)

敬老会がコロナ禍で外出を控えている皆様の気分転換になればと思いますムード

敬老会の昼食はいつもより少し(すごく)豪華です目がハート (顔)ショートケーキ

コロナの前は住宅でもレストラン食事付き見学ツアー 家などを行っていました バス ダッシュ (走り出すさま)

再開された時には是非1度、お越しください手 (チョキ)

 

                                               居宅 大木

こんにちは

2019年08月26日|居宅介護支援事業所

皆さま、こんにちはぴかぴか (新しい)

居宅介護支援事業所の白川と申しますわーい (嬉しい顔)

昨年の9月の末からお世話になっておりますexclamation

もともとグループホーム家に勤めておりましたが、経験を積むために居宅の世界に飛び込んでまいりましたdouble exclamation飛行機

 

慣れない環境のなか戸惑うことも多く、自分の出来の悪さに嘆く毎日でしたが、優しい職員の皆様と入居者様等に救われながら、なんとか来月でぴかぴか (新しい)入職1年ぴかぴか (新しい)を迎えます目がハート (顔)

辛い事も良い事も1年で沢山ありました手 (チョキ)

良い事といえば、私ごとではありますが、今年の5月に3人目の子供が誕生しましたバースデー揺れるハート

すくすく元気にムチムチに育っておりますひよこひよこひよこ

沢山泣きます涙

少し寝不足です。(笑)眠い (睡眠)

上2人、7歳と4歳の子供を見て、この子たちもつい最近まで赤ちゃんだったんだな、成長の早さに驚かされます冷や汗2 (顔)あせあせ (飛び散る汗)

(嬉しいような、寂しいような・・・)

子の成長に負けじと、父も成長しなければいけないなと思っている、今日この頃です指でOK

 

まだまだ未熟ではありますが、今後ともよろしくお願いしますほっとした顔

 

 

                                                       居宅支援事業所 白川

スイカ

2019年08月19日|居宅介護支援事業所

皆さまこんにちはわーい (嬉しい顔)

暑い日がまだまだ続いていますね晴れ

熱中症に気を付けるようするためには食べ物うまい! (顔)りんご

その食べ物の中でも、なぜかこの時期にしか食べないスイカの話題について触れたいと思いますひらめき

うちのかみさんが好きでね~。(刑事コロンボ風・・知っている人は知っている。笑)

私自身それほど食べないのですが、うちのかみさんはカブトムシかふらふらexclamationと思うほど食べます。

昨年に比べて今年はお求めやすい価格になっているのですが、八百屋に行くと高い物から安い物、丸い物から楕円形の物、皮が真っ黒の物や中身が黄色の物まで色々ありますひらめきひらめき

なぜこんなに種類があるのか?私には分かりませんが皆さんは何がお好きですか?

でも、スイカは身体を冷やしてくれる野菜とTVTVでどこぞの偉いお医者様が話しておりましたほっとした顔

水分を沢山摂るようにと言われてもなかなか取れないのですが、スイカなど食べ物から水分を摂って、身体も冷えると一石二鳥目ひらめき

皆さまも機会があれば、スイカでも食べて暑い夏を乗り切って下さい波晴れ

 

 

                                                ケアマネージャー 三木

反省と今後

2019年08月12日|居宅介護支援事業所

休憩時間に食事をしながら本をよく読んでいます眼鏡

午後からの勤務に備えて気持ちの整理や気分転換を図るためにしております喫茶店ひらめき

 

先日「怪物はささやく」というタイトルの本を読み終わりました。

禁止内容を簡単に説明しますが、これからお読みになる方は、以降は読まないでください禁止

イギリスにいる13歳の男の子が主人公ですが学校ではいじめられ、いつも独りぼっち。

母親と二人暮らしで、母親は重病(癌)に侵されています。時々来る祖母とは仲が悪い。

そんな彼の所にイチイの木の姿をした怪物が夜中に現われ、

「3つの真実の物語を語って聞かせる」「4つ目の物語は主人公自身の真実を話せ」と告げられます。

主人公の少年は嫌々話を聞かされます。

怪物の3つの話が終わった後、4つ目の物語を主人公の少年は怪物に迫られて「本音」を話し出します。

母親との関係のことで「本当はもう終わりにしたかった、母が死んで早くこの不安な状態から逃れたかった」という事を話し出します。

助かって欲しい、早く死んで欲しい、治らないのは分かっている、自分も楽になりたい、と相反する想いが共存していることを子供ながらに話します。

それに対して怪物は人の気持ちは複雑なので、それも主人公の少年の一部だけど、それは母親を愛していることからくるものなのだよと話しかけてくれます。

 

 読み方や本に対する解釈が浅いかも知れませんが読み終えた後、最近ケアマネとして高齢者宅訪問の際に介護者の方から「子供の頃両親も親を見ていたのが普通でしたが核家族化が進んだ結果、自分たちで何とかしなければ、今となっては子供にも迷惑をかけられない」と話された方がいました。

お子さん世代も「本当は支援したいが、仕事に家庭にと、なかなか行くことができない」と話される家族の方もいました。

2年ほど前に施設に入っていた私の母方の祖母が亡くなった時、私の叔父は「自分も大変だったので(亡くなって)ほっとした」と思わず漏らしていました。

最初は不謹慎とも思ったのですが、長い年月、施設に通って支援をしていた苦労など色々な想いから思わずでた声だったと思います。

利用されている本人や家族の考え方、家族の形は一概ではありませんが年々変化していると感じます。

家族や親子の歴史、生活史や時代背景から色々な「想い」や時には相反する「気持ち」、「本音」を読みとる事と理解した上での支援。

聞き出すような面談を普段していただろうか(聞いたから全てを支援できる力量は無いですが)、今の状況を表面上の事だけに囚われていなかったか。

など日頃の業務を反省するきっかけとなった1冊でした。

もう少し力をつけて信頼される相談職でありたいと思いましたほっとした顔

 

 

                                                         居宅支援事業所 匿名眼鏡

 

夏真っ盛り…

2019年08月05日|居宅介護支援事業所

7月ももう下旬晴れ

ただいま夏真っ盛りですが、すぐに9月になり、秋を終え、そして冬になりますスノボ

年々時間が過ぎるのが早くなっていく気がしています猫

 

さて、夏と言えば行楽のシーズン波ですが、皆様はどんなことをして過ごされていますか?

私事ではございますが先日サクランボ狩りに行ってきましたさくらんぼハートたち (複数ハート)

有名な「佐藤錦」をはじめ、いろいろな種類のサクランボがありましたわーい (嬉しい顔)

私のお勧めは「南陽」という種類ひらめきひらめき

我が家の子供たちもとても楽しんでおり、ここぞとばかりにたくさん食べていましたうまい! (顔)さくらんぼ

 

 徳洲苑しろいしでも入居者様を対象に毎月いろいろな外出行事を行っています車 (RV)ダッシュ (走り出すさま)

外出行事以外にも、住宅内でのサークル活動眼鏡や毎週恒例のカフェの日喫茶店等いろいろな事を行っておりますdouble exclamation

高齢者住宅をお探しの方はぜひ一度ご相談頂ければと思っております手 (チョキ)

住宅をお探しでない方も

・介護保険の認定を受けたいがどうしていいかわからない。

・ヘルパーやデイサービス等を利用したいが誰に相談したらいいのか。

等々…

 

徳洲苑しろいしには介護保険制度を専門とするケアマネジャーの事業所も併設になっておりますので

わからないことや困りごと等あればぜひ一度ご相談いただければと思いますのでよろしくお願い致しますわーい (嬉しい顔)

 

                                          ケアマネジャー 細川

 

いろ色

2019年07月22日|居宅介護支援事業所

これからの時期、町内会などいろいろな場所で夏祭りの催しが始まりますね目がハート (顔)

 

夏祭りと言えば、ヨーヨーと綿あめバースデー

綿あめを表現する時に、白くてふわふわした、雲のよう曇りなんて言いますが、

先日、ピンク色白色の綿あめを食べている子供がいました目exclamation

味は白色と同じだそうですひらめきひらめき

でも、見た目すっぱそうですねもうやだ〜 (悲しい顔)

かき氷のシロップも何色でも全部同じ味だそうですが、

何味にするか真剣に悩みますよね~バー (マティーニ)何だか不思議ですね~ふらふら

 

徳洲苑しろいしデイサービスでも恒例の夏祭りイベントがありまするんるん (音符)

今からでも利用は間に合いますので、ご興味のある方は体験利用からお待ちしておりますわーい (嬉しい顔)

綿あめもありますよ目がハート (顔)

 

                                        居宅介護支援事業所 大木

医療法人 徳洲会 サービス付き高齢者向け住宅 徳洲苑しろいしスタッフブログ

Back to Top